Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 第17回天馬賞 調教師・騎手コメント

1247

第17回天馬賞 調教師・騎手コメント

第17回天馬賞
日時/2024年1月3日(水)第11レース 18:40発走
条件/5歳オープン
概要/明け5歳の王者決定戦。帯広記念に並ぶお正月開催の目玉レース。
出走馬/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2024%2f01%2f03&k_raceNo=11&k_babaCode=3
重賞特設サイト/
https://www.banei-keiba.or.jp/race_grade_detail.php?id=202

馬 番馬 名性 齢ばんえい重量
1ツガルノヒロイモノ牡5760kg
長部幸光調教師:
ゴール付近で疲れて止まってしまうという課題はありましたが、今では克服し、第二障害を下りた後もしっかり歩き切ってくれるようになりました。そのおかげで、直近のレースの順位も良くなり馬のコンディションも問題なく来ています。軽い馬場が得意な馬ではありますが、馬場状況や重量関係なく負けず嫌いな性格を活かして走り切ってくれればと思っています。
西将太騎手:
久しぶりの騎乗となりますが、ゴールまで辛抱して歩ける体力がついたと思います。障害は上手ですし、近走も良いレースをしているので期待しています。最後まで油断せず、この馬にとって最高のレースができるように精一杯騎乗します。
2シンエイアロイ牝5740kg
久田守調教師:
調教の成果が出ていて良いレースをしていますし、元気いっぱいで順調に来ています。特にゴール前で粘り強く歩けるようになってきました。このレースでは重量が重いですが、雪が降って少しでも馬場が軽くなり負担が減ってくれればと思っています。胸を借りるつもりで挑戦します。
金田利貴騎手:
前走は前半積極的に進め、下りてからどこまで歩けるかを試してみようと騎乗しました。今年はずっと障害を上がり続けているので、少し無理しても上がってくれるのではと思っています。以前はゴール前で失速してしまうことが多かったですが、今年は我慢して歩いてくれるようになったので成績も上がってきました。相手は強いので展開次第となりますが、出来るだけ上位に入れるように頑張ります。
3ヘッチャラ牡5760kg
鈴木邦哉調教師:
この馬は先行逃げ切りタイプなので、第二障害を越えた先でもしっかりと歩いて後続に追いつかれなければ1着を狙えると思います。とても真面目な馬で、馬場状態に関して得意不得意はありませんし、コンディションも悪くありません。菊池騎手がずっと乗り続けてくれているのでこの馬の良さを存分に発揮してくれると思います。一生懸命にソリを曳くヘッチャラの姿を見てレースを楽しんでもらえたらと思います。
菊池一樹騎手:
調子は良いのですが、馬体重がちょっと増えすぎた感じがしますので、そこはしっかりと様子を見ていこうと思います。ずっと一緒に出走しているメンバーなので、手の内は知られているかもしれません。障害力を活かして先行逃げ切りができるようレースに挑もうと思いますので、軽すぎない馬場になってくれればと思います。第二障害はほとんど止まったことないので問題ありません。下りた後いかに走り切れるかになると思います。後続との差を広げるような先行をし、早いレース展開に出来たらと思います。
4アローリキヒメ牝5740kg
小林長吉調教師:
前回のクインカップで勝利してクラスが上がってからは全体的に無理をさせないように調教をしています。重量が重たいので他の馬もそうかもしれませんが、当日は軽い馬場でレースが出来ればと思っています。出走するからには勿論勝つ気で行きます。
中山直樹騎手:
当日の位置取りや展開などは調子を見極めて騎乗したいです。牝馬だからなのか体重が増えすぎるところがあり、動きに影響が出ないか少し心配しています。世代戦ですが、特に牝馬のライバルに負けたくないという思いがあり、少しでもこの馬の評価に繋がるように天馬賞で結果を出したいと思っています。相手も強く胸を借りるつもりではありますが、一つでも良い順位になれるように頑張ります。
5クリスタルコルド牡5760kg
西弘美調教師:
騎手が直接調教をつけており、順調に仕上がってきています。以前に比べて障害が安定しており、夏場より動きも良くなってきました。本番で馬が能力を発揮し切れることが大切なので、騎手が当日の展開をしっかり判断してベストな騎乗をしてくれるでしょう。プレッシャーを感じず平常心でいつも通り頑張って欲しいです。
西謙一騎手:
昨年は成績が良かった分、今年は上のクラスでの挑戦となり大変でしたが、夏を過ぎてだいぶ調子は上がってきています。この馬は障害力に少し不安なところがありますが、下りてからの脚が良いです。道中は後ろから見る形で行き、まずは障害をクリアすることがポイントになります。相手はいつものメンバーなのでやるべきことは分かっていますし、4歳世代戦の最後の重賞なので良いところを見せられるように頑張ります。
6ヤマノコーネル牡5760kg
今井茂雅調教師:
近走は相手が手強いだけで悪い内容のレースをしていません。もう少し出足の走りに切れが出てくれば展開も楽になると思います。このレースに向けて障害がポイントになるので、大事に調教し馬の良さを引き出すために頑張ります。騎手とは同じ土地で育った仲で相性も良いですし、本番では上手く折り合えるのではないかと期待しています。強いライバルもいるので胸を借りるつもりで挑みますが、もちろんチャンスを掴んで1着を目指します。
中村太陽騎手:
このレースに向けて調教を重ねてきました。真面目な馬なので順調に仕上がってきています。そんなにパワーがあるほうではないので、今回の重量があるので第二障害途中で止まってしまうと越えるのに時間がかかってしまうと思うので、一腰でいかに早く越えられるかがポイントになってくると思います。第二障害を下りきった後は末脚があるので問題はありません。このレースに向けて今までのレースでも第二障害を一腰で越えることを意識してきたので当日も頑張りたいと思います。
7キングフェスタ牡5760kg
小北栄一調教師:
現時点では良いコンディションだと思います。この馬は持久力があるので、当日馬場が軽くなっても重くなってもどちらでもしっかり走ってくれると期待しています。鈴木騎手がずっと騎乗してくれているのでうまくやってくれると思います。当日は第二障害で止まっても焦らずに越えてさえくれれば持ち味の末脚があるので問題ないと思っています。重量がハンデのない定量戦の為、全力を出し切れれば確実に1着が狙えると思っています。4歳路線3冠を狙っていますので是非頑張っていきたいと思います。
鈴木恵介騎手:
近走パッとしなかったですが今までの調子が良すぎたくらいです。調子は少しずつ戻ってきているようですので、厩舎がベストな状態に仕上げてくれると信じています。どちらかと言えば少し重い馬場の方がこの馬の良さを一番発揮できます。三冠もかかっておりノーハンデ戦で負けられない戦いなので油断せずに頑張ります。
8ヤマカツエース牡5760kg
金田勇調教師:
馬の調子は今のところ良いです。今回定量戦ではありますが、そこまで極端に今までの重量から増加するということはないと思うので心配はしていません。季節的に天候の影響はありますが、当日の馬場の状態が極端に軽くならなければ問題なくクリアできると思います。今まで第二障害の途中で止まるようなことがなかったので、当日も自信があります。藤野騎手がデビューからずっと騎乗してくれていて、馬の良いところを理解してくれているので今回も普段の調子で行ってくれればなと思っています。4歳路線の最後の一つを是非狙っていきたいと思っています。
藤野俊一騎手:
動きも良いですし前走の軽い重量のレースで馬も気分良く走れたので、勢いをつけたまま天馬賞に臨みます。近走はあと一歩勝ち切れない惜しいレースが続いていますが、今回は重量もあり息が入る展開でさらに良い動きを見せると思います。障害力がある馬なので、あとはゴール前で最後までペースダウンせずに頑張れるかです。世代戦最後となるので良いレースにしたいです。
9ダイヤカツヒメ牝5740kg
久田守調教師:
馬体が増えて調子も近走の中でも一番の仕上がりです。大人しく真面目な性格ですが走れば積極的に前へと進む気持ちが強い馬なので、当日の軽い馬場を味方にして先行していければと思っています。自厩舎のシンエイアロイと共に精一杯頑張ってほしいです。
赤塚健仁騎手:
相手が強いので展開が早くなれば先行が得意なこの馬でも簡単にはいかないと思いますが、障害をひと腰で上がることが出来れば少しでも見せ場があると思います。出走する牝馬の中ではこの馬が一番だと思っているので積極的に頑張りたいと思います。
10ホクセイウンカイ牡5760kg
松井浩文調教師:
前走は残念な結果でしたが、調子は良いです。障害力もある馬ですし重量も問題ないので、あとは下りてからの脚をどれだけ活かせるかになります。展開は騎手に託していますので上手く騎乗してくれると思います。良い状態で出走できるよう頑張ります。
藤本匠騎手:
前走は障害で少しもたついていましたが、もともと障害力はありますし調子はとても良いです。真面目で精神的にも成長しゴール前で辛抱強く歩けるようになりました。他の馬より先に障害を下りたいですが、相手は強く、簡単にはいかないと思うので、せめて力を十分に発揮できよう最善を尽くします。

このページをシェア

↑ページ先頭へ