Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第49回黒ユリ賞」(BG2)の結果

477

「第49回黒ユリ賞」(BG2)の結果

2月11日(日)「第49回黒ユリ賞」(BG2)の結果
~スマイルカナ号がゴールまで駆け抜け圧勝!世代女王の座に輝く!~


ばんえい十勝で2024年2月11日(日)に行われた「第49回黒ユリ賞」(3歳牝馬オープン・BG2)は、スマイルカナ号が第二障害を越えてからゴールまで駆け抜け重賞初制覇を飾りました。
馬場水分1.7%、640kgのばんえい重量で行われた本レース。道中はオオネガイキンヒメ号を先頭に、アアモンドミヤビ号、マルホンマユヒメ号、スマイルカナ号、クリスタルイプセ号がそれを見ながら先団を形成。各馬ややばらけた形で進んで行きますが、第一障害と第二障害の中間点を過ぎたあたりから、後続も位置取りを上げ、ほぼ一団となって第二障害へ向かっていきます。
第二障害では各馬じっくりと息を入れ、スマイルカナ号を先頭にクリスタルイプセ号、オオネガイキンヒメ号、アアモンドミヤビ号ら後続も仕掛けていきます。第二障害を一番手で越えたのはスマイルカナ号。すんなりと障害をクリアすると下りた勢いのまま駆け抜け、一気にクリスタルイプセ号ら二番手以下を突き放します。二番手で追ってくるクリスタルイプセ号に大きな差をつけたままゴール。圧勝で世代女王の座に輝きました。
2着は最後まで必死に追ったクリスタルイプセ号が入り、3着にはオオネガイキンヒメ号が入りました。
スマイルカナ号を管理する鈴木邦哉調教師は「黒ユリ賞」をハイカラサン号で制した2012年以来3度目の勝利。騎乗した西謙一騎手は初制覇となりました。

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2024%2f02%2f11&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
https://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20240211&race=11&track=obihiro

<スマイルカナ号のプロフィール> ※2024年2月11日現在
生年月日・毛色:2021年4月23日(牝3歳・鹿毛)
血統:父 インフィニティー 母 スマイルセンショー (母父)スミヨシセンショー
生産者:(株)帯広有機
馬主:川添 保徳氏
厩舎:鈴木 邦哉厩舎
通算成績:19戦7勝(うち重賞1勝)


鈴木邦哉調教師のコメント/
勝ててほっとしています。嬉しいです。
仔馬の時から見ていて、気性や動きが他の馬とは違うと思っていました。未知の重量だったので多少不安がありましたが、今日は想像以上の強さを出してくれて、改めてこの馬の凄さを実感しました。西謙一騎手も上手に乗ってくれたのでそれも勝利の要因だったと思います。今後は馬の体調を考えつつ騎手や馬主さんと相談しながらレースに出そうと思います。寒い中、声援を送っていただき本当にありがたく思っています。これからも一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします。


西謙一騎手のコメント/
いつも牡馬と一緒だと勝ちきれないこともありましたが、ここ一戦で勝てて良かったです。
凄く真面目な馬で、いつも一生懸命走ってくれます。
レース前はどんな展開になるかと思いながら騎乗しましたが、凄く息の入る、良い展開でした。
道中は馬なりで行けていたので、あとは障害下で持って行かれないように気をつけました。
障害を下りたあとは凄く息も入っていたのでゴールまでもつと思いました。最後の一冠が取れて良かったです。
来年度はばんえいオークスもありますし、牡馬とのレースでどれだけ戦えるか楽しみにしています。
寒い中応援ありがとうございました。

このページをシェア

↑ページ先頭へ