Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第25回ヤングチャンピオンシップ」(BG2)の結果

918

「第25回ヤングチャンピオンシップ」(BG2)の結果

12月30日(土)「第25回ヤングチャンピオンシップ」(BG2)の結果
~釧路産駒のライジンサン号が産地代表戦を制す!~
~大河原和雄調教師、開業6年目で悲願の重賞初制覇~


ばんえい十勝で2023年12月30日(土)に行われた「第25回ヤングチャンピオンシップ」(2歳産駒特別選抜・BG2)は、釧路産駒のライジンサン号が産地代表戦を制しました。
11月~12月にかけて行われた産駒特別競走の上位2頭が出走した“ばんえい甲子園”とも呼ばれる本レース。馬場水分1.5%、ばんえい重量は580kg~600kgの中で行われました。勢いよく先頭で第一障害を越えたディーホワイト号が道中も単独で先行し、それを見る形でグランドスターダム号、アヤノダイマオー号、ウルトラコタロウ号と続き各馬ややばらけながら第二障害に進んでいきます。
一足早く第二障害に到達したディーホワイト号が一息入れると、積極的に障害に挑戦し一番手でクリア。必死に先頭を行くディーホワイト号にウルトラコタロウ号、トカチヒロ号が並びかけますが、外から強襲したライジンサン号が一気に交わし先頭に立ちます。
ゴール前、フレイムファースト号が2番手から追い上げますがライジンサン号が力強くリードを守りゴール。
ライジンサン号、管理する大河原和雄調教師は共に嬉しい重賞初制覇となりました。
騎乗した鈴木恵介騎手は「ヤングチャンピオンシップ」をオレワチャンピオン号で制した2017年以来6度目の制覇となりました。

レース結果/
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2023%2f12%2f30&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
https://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20231230&race=11&track=obihiro

<ライジンサン号のプロフィール>※2023年12月30日現在
生年月日・毛色:2021年4月14日(牡2歳・鹿毛)
血統:父 テルシゲ 母 カツラデラックス(母父)コーネル
生産者:岩瀬 正実氏
馬主:佐々木 松一氏
厩舎:大河原和雄厩舎
通算成績:16戦6勝(うち重賞1勝)

大河原和雄調教師のコメント/
開業からちょっと時間がかかりましたが、やっと重賞を獲れました。今日のレースは鈴木騎手にお任せして安心して見ていました。初めてこの馬を見た時、良くなる、育つと思いました。この馬の一番のセールスポイントは障害の登坂力です。まだまだこの馬は成長できると思いますし、成長させなきゃいけないと思っています。これからもライジンサンを皆さんで応援してください。よろしくお願いします。
鈴木恵介騎手のコメント/
本当に嬉しいです。
障害も良いですし、下りてからの脚もあるので道中置いて行かれないように意識していました。
ある程度思った通りの道中の位置取りだったので、うまくいったら勝てると思いながら騎乗していました。
障害を下りてから一気に抜けられたのも馬の能力が良いのかなと思います。
年が明けたら帯広記念、天馬賞と重賞が続きますのでぜひ帯広競馬場に足を運んでください。ありがとうございました。


このページをシェア

↑ページ先頭へ