Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第48回クインカップ」(BG3)の結果

1001

「第48回クインカップ」(BG3)の結果

11月12日(日)「第48回クインカップ」(BG3)の結果
~アローリキヒメ号がゴール前の接戦を制し重賞初優勝!~


ばんえい十勝で2023年11月12日(日)に行われた「第48回クインカップ」(4歳牝馬オープン・BG3)は、アローリキヒメ号がゴール前、シンエイアロイ号との接戦を制し優勝しました。
前日からゴール前の砂障害が撤去され、ロードヒーティングが稼働した状態の中、馬場水分2.2%で行われた本レース。道中はスーパードリーム号がわずかに先行しながらほぼ一団という形で進んで行きますが、中間点を過ぎた辺りから外のスーパーシンデレラ号、内のアローリキヒメ号、シンエイアロイ号がスーパードリーム号に迫り、先頭を入れ替わりながら第二障害へと進んでいきます。
第二障害では、障害下で息を入れることなく仕掛け、苦戦をしているサツキヤッテマレ号を横目に、スーパーシンデレラ号、スーパードリーム号、アローリキヒメ号、シンエイアロイ号が続々と挑戦。そのなかでシンエイアロイ号、スーパードリーム号がほぼ同時にクリアしますが、5番手で障害を下りたダイヤカツヒメ号が一気に先頭のシンエイアロイ号に並びかけます。ダイヤカツヒメ号が先頭に躍り出るかと思いきやシンエイアロイ号は先頭を譲らず粘ります。残り30mを過ぎた辺りでアローリキヒメ号が追い上げると、ゴール前、必死に粘るシンエイアロイ号にじわじわと差を詰め差し切ったところでゴール。見事、接戦を制し嬉しい重賞初優勝を飾りました。
アローリキヒメ号を管理する小林長吉調教師、騎乗した中山直樹騎手は「クインカップ」を初制覇。また、騎乗した中山直樹騎手はこの勝利で通算300勝となりました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2023%2f11%2f12&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20231112&race=11&track=obihiro

<アローリキヒメ号のプロフィール> ※2023年11月12日現在
生年月日・毛色:2019年4月21日(牝4歳・鹿毛)
血統:父 アローファイター  母 アローベッキー (母父) コマローレンス
生産者:山田 恵理実氏
馬主:南 信良氏
厩舎:小林 長吉厩舎
通算成績:65戦12勝(うち重賞1勝)

小林長吉調教師のコメント/
思っていたよりも馬が成長してくれました。中山騎手が一生懸命調教してくれた結果だと思います。
この馬はスタートが良い馬です。障害は頂上が少し弱いところもありますが、騎手がペースをうまく調整して騎乗してくれていたので、良い結果につながりました。
障害を下りてからは止まることなく進み続けてくれたので、どこかで差せる、掴めるという気持ちで見ていました。
障害をうまく上ってくれた結果です。下りてからは他の馬に引けを取らない良い馬です。
これから上のレースを狙っていけるような馬にしていきたいです。
ファンの皆様、これからもアローリキヒメと共に、中山騎手の応援もよろしくお願いします。

中山直樹騎手のコメント/
不覚にも大きなケガをしたため、数か月レースを休むことになってしまいました。
騎乗していた馬から長く離れていた中で、この大きなレースの騎乗で自分を選んでくれたことに応えられて、ほっとしています。強い馬も多く、楽には勝てないレースでしたが、必ずチャンスはあると思い、挑戦者のような気持ちで挑みました。
第2障害までは先手をとることが出来なかったので、馬のペースを乱さないことを心掛けました。
この馬は、今まで重量が重くなると脆い部分が出たこともありましたが、成長と共に体重も着実に増え、重い重量にも対応できるようになり、とても成長力のある馬だと感じています。
これからも頑張りますので、アローリキヒメ共々応援よろしくお願いします。


このページをシェア

↑ページ先頭へ