Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第59回岩見沢記念」(BG2)の結果

1588

「第59回岩見沢記念」(BG2)の結果

9月17日(日)「第59回岩見沢記念」(BG2)の結果
~伝統の一戦は圧倒的一番人気のアオノブラック号が力強い脚を見せ圧勝!~


ばんえい十勝で2023年9月17日(日)に行われた「第59回岩見沢記念」(3歳以上オープン・BG2)は、アオノブラック号が一番人気に応える力強い末脚を見せ見事優勝しました。
馬場水分1.5%で行われた本レース。スタートから勢いよく一斉に飛び出した各馬は道中、何度も息を入れながら、メジロゴーリキ号を先頭にほぼ一団のまま第二障害まで進んで行きます。
第二障害ではアオノブラック号が一番手で仕掛け、メジロゴーリキ号、コマサンエース号が続いて仕掛けます。第二障害を先頭でクリアしたのはアオノブラック号。ひと腰で障害を越えると下りる勢いのままメジロゴーリキ号ら二番手以下を突き放します。
メジロゴーリキ号がコマサンエース号との二番手争いを後目に、十分なリードを広げたアオノブラック号が力強い脚で他馬を寄せ付けず圧勝。今年度重賞で惜敗続きに終止符を打ち、1月の「帯広記念」に続く重賞12勝目を飾りました。
2着はメジロゴーリキ号が必死に食らいつき入り、粘るコマサンエース号に昨年の優勝馬インビクタ号が鋭い末脚で並んだところがゴール、2頭が3着同着となりました。
アオノブラック号を管理する金田勇調教師、騎乗した金田利貴騎手は「岩見沢記念」を共に初制覇となりました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2023%2f09%2f17&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20230917&race=11&track=obihiro

<アオノブラック号のプロフィール> ※2023年9月17日現在
生年月日・毛色 :2016年3月31日(牡7歳・鹿毛)
血統:父 ケンジュオー  母 ノリノメイチャン (母父) アサヒホウザン
生産者:山口 和子氏
馬主:青山 修氏
厩舎:金田 勇厩舎
通算成績:111戦33勝(うち重賞12勝)

金田勇調教師のコメント/
ホッとしました。レースは落ち着いて序盤から進められたのではないかと思います。
展開は想定内で、障害の天板に差し掛かった時にもう大丈夫だと勝利を確信しました。春から重賞を獲れていない状況でなんとか一つは獲ってやろうと思っていましたが、今年の夏は体調面で厳しく大変でした。悔しいことだらけでしたが、今日はまずまず上手くいったと思います。
これからのシーズンの馬なので、次の北見記念での3連覇に注目していただきたいです。ライバル馬にも最近は少し置かれてしまっているが、また大接戦をしたいと思います。これからもばんえい競馬の応援をよろしくお願いいたします。

金田利貴騎手のコメント/
負けられないと言い聞かせながらも力まないように騎乗しようと思いました。メムロボブサップがいないレースで展開が読めないところもありましたが、いたずらに速いペースではなかったので落ち着いて騎乗しました。今日の展開はアオノブラックにとって余裕があったと思います。砂を入れ替えたことはどちらに転ぶかわからなかったですが、今日の重量を考えたら良かったと思いました。
まだまだ体調面は好調ではないですが、これから寒くなるにつれて上がってくれると思います。障害では隣の馬が仕掛けてからでもいいかと思っていましたが、アオノブラックに行く気があったので任せてみることにしました。息が入った分、力強く歩いてくれました。
今日はライバルがいなかったので、今年度の悔しい気持ちを晴らせたわけではないですが、悔しかった思いを良い方向に捉えることが出来たと思います。
例年ここから強くなってくる馬なので注目していただきたいですし、自分自身もこの馬のことを知って良い結果を出せるよう頑張りたいです。
これからもアオノブラックとばんえい競馬の応援をよろしくお願いいたします。


このページをシェア

↑ページ先頭へ