Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第16回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2)の結果

1697

「第16回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2)の結果

5月1日(日)「第16回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2)の結果
~今年度最初の重賞は、アオノブラック号が粘り強い走りを見せ2連覇達成~

※優勝したアオノブラック号(写真:右)


ばんえい十勝で2022年5月1日(日)に行われた「第16回ばんえい十勝オッズパーク杯」(4歳以上選抜・BG2)は、6歳馬アオノブラック号が昨年に続く2連覇を達成しました。
 前年度の収得賞金順に選抜された4歳以上の馬たちで編成される今季初の重賞競走は夕方から雨が降り、馬場水分1.0%で行われました。道中は、メムロボブサップ号、アオノブラック号、アアモンドグンシン号と内枠の3頭が積極的に先行し、後続がばらけながら先頭集団を見る縦長の展開で第二障害へと向かっていきます。
第二障害では障害手前でじっくりと溜めたアアモンドグンシン号が一番手で仕掛け、メムロボブサップ号、アオノブラック号が続きます。アアモンドグンシン号が坂の途中で止まる中、一腰でまとめたメムロボブサップ号とアオノブラック号がほぼ同時に第二障害をクリア。すぐさまアオノブラック号がわずかに先頭に出ると二番手のメムロボブサップ号に最後まで差を詰めさせない粘り強い走りで押し切り勝ち。見事今季初の重賞競走を勝利しました。
アオノブラック号を管理する金田勇調教師は「ばんえい十勝オッズパーク杯」において昨年に続く2勝目、騎乗した藤野俊一騎手も昨年に続く連覇となり3勝目を挙げました。

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f05%2f01&k_raceNo=10&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20220501&race=10&track=obihiro

<アオノブラック号のプロフィール> ※2022年5月1日現在
生年月日・毛色:2016年3月31日(牡6歳・鹿毛)
血統:父 ケンジュオー 母 ノリノメイチャン (母父)アサヒホウザン
生産者:山口和子氏
馬主:青山 修氏
厩舎:金田 勇厩舎
通算成績:89戦26勝(うち重賞8勝)


金田 勇調教師のコメント/
昨年度の「ばんえい記念」を振り返ると、初めての重量ということもあって全力が出し切れていないように見えました。
今季初戦も戦闘モードに入り切れませんでしたが、1戦走ったことできっちりと修正ができ、本来の良いパフォーマンスができたと思います。
今日は隣にライバルのメムロボブサップがいて、馬も興奮したんじゃないでしょうか。
昨年度の下期はライバルに1歩リードをされていたので、今回で少し影が踏めるくらいまで戻ってきた感じでしょうか。相手は通年で良いパフォーマンスをしていますからね。
今日からシーズンが始まった感じです。今年1年間走り抜けて、3月の頂上決戦では勝ちたいです。

藤野俊一騎手のコメント/
連覇できて嬉しいです。
今季初戦も馬の状態は悪くなかったのですが、3月の「ばんえい記念」で重い荷物を曳いた影響はあったと思います。
雨はこの馬にとって悪い条件ではないのですが、メムロボブサップも軽い馬場で速いレースになるのは好材料なので、気になっていました。
道中はメムロボブサップの方が手応えが良さそうでしたね。自分は目一杯追っていきましたが、第二障害を横並びで降りた時点で「勝てる」と思いました。
この馬は夏場が弱いのですが、今の時期と秋口、そして高重量戦になると力を発揮してくれます。今年も活躍してくれると思います。1年間、応援よろしくお願いいたします。

このページをシェア

↑ページ先頭へ