Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第44回ナナカマド賞」(BG3)の結果

544

「第44回ナナカマド賞」(BG3)の結果

10月17日(日)「第44回ナナカマド賞」(BG3)の結果
~2歳世代最初の重賞競走は、キングフェスタ号が圧倒的人気に応え優勝~


ばんえい十勝で2021年10月17日(日)に行われた「第44回ナナカマド賞」(2歳オープン・BG3)は、キングフェスタ号が単勝1.3倍の圧倒的人気に応え優勝しました。
馬場水分3.4%、550㎏~580㎏と初めて曳く重量で行われた本レース。スタートから各馬一斉に軽快な走りを見せ、第一障害を越えていきます。道中はツガルノヒロイモノ号が先行するも、クリスタルコルド号、キングフェスタ号、シンエイアロイ号らと先頭が入れ替わりながら各馬ほとんど差なく一団で第二障害まで進んでいきます。
第二障害では先頭で到達したシンエイアロイ号が一呼吸おいて最初に仕掛けると、ツガルノヒロイモノ号、サツキヤッテマレ号、ジェイホースワン号ら後続も間髪入れずに仕掛けます。障害を一団で駆け上がっていく中、ジェイホースワン号、キングフェスタ号を皮切りにヘッチャラ号、ヤマカツエース号、クリスタルコルド号らも続々とクリア。その中でも脚色が良いのはキングフェスタ号。ジェイホースワン号と並んで障害を越えるとすぐさまかわして先頭に立ち、鋭い伸び脚でじわじわと後続との差を広げながら最後まで力強く歩き切りゴール。他馬を寄せ付けない見事な走りで世代最初の重賞を手にしました。
キングフェスタ号を管理する小北栄一調教師は「ナナカマド賞」を初勝利、騎乗した鈴木恵介騎手はセンゴクエース号で制した2014年に続く3回目の勝利となりました。

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f10%2f17&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20211017&race=11&track=obihiro

<キングフェスタ号のプロフィール> ※2021年10月17日現在
生年月日・毛色:2019年4月12日(牡2歳・鹿毛)
血統:父 カネサブラック 母 クインフェスタ (母父)ホクリュウイチ
生産者:廣部武士氏
馬主:廣部武士氏 
厩舎:小北栄一厩舎
通算成績:10戦8勝(うち重賞1勝)

小北栄一調教師のコメント/
トップハンデでしたが、昨日の雨であまりスピードレースにならなく、勝ててよかったです。
若さから気性の荒いところも出てしまうのでデビューから気持ちを落ち着かせる調教をしてきました。
月日を重ね、性格的にも大人になってきているので、今日は本当によくやってくれたと思います。
お盆を過ぎた辺りからは動きもよくなってきているのが分かりました。
レース前は、同じトップハンデのヘッチャラ号の存在を意識していましたが、他に気をとらわれないで冷静にレースを進めることができれば今後も期待できると思います。
今のやんちゃな面は年を重ねていけば落ち着いていくと思いますので、将来はオープン馬になってほしいです。
おかげさまで2歳馬最初の重賞を獲ることができました。ぜひ、今後も応援をよろしくお願いいたします。

鈴木恵介騎手のコメント/
強いですね。2連勝して調子が良い状態で今日を迎えることができたのが良かったと思います。
昨日、雨が降りましたが、昨日より高速馬場にならなかったのが余計に良かったと思います。
道中、ちょっとびっくりして横に逃げたりもしましたが、うまく修正できて、障害も上手な馬なので、降りてからは余裕があるくらい頑張ってくれました。
第2障害を降りた瞬間、止まらなければ勝てると思いました。
血統も本当に良く、馬もまじめで、これからが凄く有望な馬だと思っています。若さを出してしまうところは課題ですが歳を取っていけば落ち着き、いずれはオープンに上がれるような馬だと思っています。
これから寒くなってきますが、また競馬場に足を運んでください。今日はありがとうございました。


このページをシェア

↑ページ先頭へ