Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第15回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2)の結果

514

「第15回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2)の結果

5月2日(日)「第15回ばんえい十勝オッズパーク杯」(BG2)の結果
~アオノブラック号がオレノココロ号以来の5歳馬での制覇~

 



 ばんえい十勝で2021年5月2日(日)に行われた「第15回ばんえい十勝オッズパーク杯」(4歳以上選抜・BG2)は、重賞2連勝中のアオノブラック号が優勝しました。
 前年度の収得賞金順に選抜された4歳以上の馬たちで編成される今季初の重賞競走は、本重賞3勝ずつ優勝しているオレノココロ号、コウシュハウンカイ号が昨年度末に引退し、10頭中6頭が初出走と新しい顔ぶれで行われました。
 馬場水分2.2%で行われた本レース。スタートから各馬ややばらけながら第一障害を越えていきます。
 道中は、内ミノルシャープ号、外メムロボブサップ号らを先頭に、刻みながらもやや縦に長い展開で第二障害へと向かっていきます。
 第二障害ではダイリンファイター号が一番手で仕掛けますが、各馬差なく一斉に上り始め、一腰ですんなりとまとめたアオノブラック号が先頭で第二障害をクリアすると、勢いそのままにキタノユウジロウ号、メジロゴーリキ号、メムロボブサップ号ら二番手以降にリードをつけます。同じ5歳馬でしのぎを削ってきた同世代でのライバル馬であるメムロボブサップ号がじわじわと差を縮めましたが、最後まで力強い走りでリードを守ったアオノブラック号が今季初の重賞競走を制しました。
 アオノブラック号を管理する金田勇調教師は「ばんえい十勝オッズパーク杯」初制覇、騎乗した藤野俊一騎手は2010年のナカゼンスピード号依頼となる2勝目となりました。
 5歳馬の勝利は2007年のカネサブラック号、2015年のオレノココロ号に次いで6年振り3頭目の優勝となりました。

レース結果/
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f05%2f02&k_raceNo=10&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20210502&race=10&track=obihiro

<アオノブラック号のプロフィール> ※2021年5月2日現在
生年月日・毛色 :2018年4月9日(牡3歳・鹿毛)
血 統 :父 ケンジュオー 母 ノリノメイチャン (母父)アサヒホウザン
生産者:山口和子氏
馬 主 :青山修氏
厩 舎 :金田勇厩舎
通算成績 :67戦23勝(うち重賞6勝)

金田勇調教師のコメント/
率直に嬉しいです。
無理な稽古や特別なことはしておらず、いつもの状態でレースに臨みました。このくらいの荷物ならへこたれないくらい強くなっています。
馬場はちょうど良く、位置取りも良かったです。
障害でよっぽどのことが起こらなければ大丈夫だろうと安心して見ていました。
強い馬ですが、同世代のライバルがいたからこその追いつけ追い越せで、ここまで来れたのだと思います。
アオノブラック号はきゅう舎の宝ですから、これからも可愛がって大切に育てたいです。
この馬の応援をしに、みなさん帯広競馬場に足を運んでほしいです。


藤野俊一騎手のコメント/
本当に強いですね。昨日の雨で馬場は軽かったのですが、今日の荷物でも素晴らしいタイムで勝つことができました。
楽な展開でしたし、前の方でレースを進めることが出来、結果完璧なレースをしたと思います。
重賞をたくさん勝つとハンデがきつくなるので、なるべく馬に負担をかけないようにし、最終的には「ばんえい記念」に出走できるまでいけたらと思います。
ばんえい競馬の開催は始まったばかりで、次週は2歳馬もデビューします。みなさん体調に気を付けて、競馬場へ遊びに来てください。


このページをシェア

↑ページ先頭へ