Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第42回チャンピオンカップ」(BG2)の結果

932

「第42回チャンピオンカップ」(BG2)の結果

2月28日(日)「第42回チャンピオンカップ」(BG2)の結果
~本年度の王者決定戦は、5歳馬アオノブラック号が圧巻の勝利!~

 



 ばんえい十勝で2021年2月28日(日)に行われた「スカパー!地方競馬ナイン賞 第42回チャンピオンカップ」(4歳以上重賞競走優勝馬・BG2)は、重賞「第11回 ドリームエイジカップ」を優勝し出走権を得たアオノブラック号が圧巻の強さを見せ勝利しました。
 馬場水分1.4%、スタートから第一障害にかけてアオノブラック号、メムロボブサップ号ら内枠4頭が勢い良く走り出します。道中ではメジロゴーリキ号が抜け出し、中段のアオノブラック号ら4頭が、やや遅れてオレノココロ号らが後ろから追いかける展開となります。
 全頭が第二障害に揃う前に、呼吸を整えたアオノブラック号、ミノルシャープ号、メジロゴーリキ号が一斉に仕掛け、コウシュハウンカイ号は一息置いて第二障害を仕掛けます。先に抜け出したのはアオノブラック号。続けてコウシュハウンカイ号も一腰でクリアしますが、その時点でアオノブラック号は大きく差を広げゴールを目指します。そのまま後続馬を大きく引き離したアオノブラック号が、最後まで歩みを緩めずに圧勝。2着には、先頭との差はあるものの力強い脚取りで歩き切ったコウシュハウンカイ号が、3着には初めて800㎏の重量で好走した牝馬のフェアリースズ号が入りました。
 管理する金田勇調教師は「チャンピオンカップ」を初優勝、騎乗した藤野俊一騎手は9年振り3度目の優勝となりました。




レース結果/
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f02%2f28&k_raceNo=10&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20210228&race=10&track=obihiro

<アオノブラック号のプロフィール> ※2021年2月28日現在
生年月日・毛色:2016年3月31日(牡5歳・鹿毛)
血     統:父 ケンジュオー 母 ノリノメイチャン (母父)アサヒホウザン
生  産  者:山口和子 氏
馬     主:青山 修 氏
厩     舎:金田 勇 厩舎
通 算 成 績:63戦20勝(うち重賞4勝)



【金田勇調教師のコメント】
強いレースができました。一線級の馬は力がありレースというのは走ってみないと分からないですが、この馬も820kgでもやれるかなとは思っていました。内容は無理をしていなかったし、余裕がありましたね。
障害はスムーズでいつもの感じで走れました。前回の軽量戦は馬の気分を良くするために出走させました。今回と330kgの重量差がありましたが、前回軽かった分スタートから上手く飛び出せました。
いずれにしても馬はまだ5歳なので、大事に使いたいと思います。
3月の「ポプラ賞」はライバルの馬たちと五分の斤量を背負うので、今後も大切に育てていきたいです。


【藤野俊一騎手のコメント】
「北見記念」に次ぐ2度目の800kg台なので、障害を失敗しないように気をつけながら乗りました。
前走から重量が330kg増えていますが、第一障害までは軽い感じで走っていました。その後は重量が重量なので、加減しながらレースを進めました。
馬がすごくやる気で障害に着いた途端、すぐに行きたがっていたのですが、一度抑えて様子を見てから上がりました。
今日の馬場はさほど重くないと感じていたので、レースでは前に行こうと思っていました。
勝因は障害を上手く越せたことです。次の重賞「ポプラ賞」ではハンデを背負うことになりますが、頑張ります。


このページをシェア

↑ページ先頭へ