Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第43回ナナカマド賞」(BG3)の結果

1336

「第43回ナナカマド賞」(BG3)の結果

10月18日(日)「第43回ナナカマド賞」(BG3)の結果
~2歳初の重賞競走は、牝馬のアバシリサクラ号が後方一気で決める!~

 ばんえい十勝で2020年10月18日(日)に行われた「第43回ナナカマド賞」(2歳オープン・BG3)は、アバシリサクラ号がミスタカシマ号以来3年振り5頭目の牝馬優勝を果たしました。
 馬場水分1.1%、550㎏~580㎏を曳く初めての重賞競走は、スタートから横一列に飛び出し、若駒のスピードあるレース展開となりました。道中半ばまで全頭勢いよく走り、シンエイアロー号やレッツゴーリータン号らの先頭集団と、アバシリサクラ号、フクフクライデン号らの後方集団に分かれるも、全頭大きく離れずに進みます。
 第二障害手前で一息つくと、シンエイアロー号を筆頭に5~6頭が一斉に仕掛け、もう一息入れてアバシリサクラ号が仕掛けます。シンエイアロー号、シュトラール号、ネオキングダム号が先に降り、続々と後続馬が追いかけ混戦模様に。その中でひときわ末脚が光ったのがアバシリサクラ号。ゴール手前30ⅿ付近で先頭に立つと、粘り強く並走するネオキングダム号と一騎打ちとなりました。両者引かずにゴールを目指し、ゴール際にアバシリサクラ号が一歩前に出てゴールしました。2着は最後まで優勝を争ったネオキングダム号が、3着は懸命に歩みを進めたレッツゴーリータン号が入りました。
 アバシリサクラ号を管理する金田勇調教師、騎乗した島津新騎手は「ナナカマド賞」初優勝を飾りました。また、島津新騎手は今季重賞6勝目となりました

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f10%2f18&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20201018&race=11&track=obihiro

<アバシリサクラ号のプロフィール> ※2020年10月18日現在
生年月日・毛色:2017年5月3日(牡3歳・栗毛)
血統:父 トカチタカラ  母 琴桜 (母父)ヒカルイットウセイ
生産者:江口勇 氏
馬主:佐藤久夫 氏
厩舎:金田勇 厩舎
通算成績:11戦5勝(うち重賞1勝)

【金田勇調教師のコメント】
良くやったとほめてあげたいです。出走のローテーションが短かったのですが、夏の疲れはしっかり抜けて良い状態で走れました。
島津騎手には「障害をなんとか上げてくれ!」と祈る気持ちで見ていました。軽馬場で道中の流れが速かったですね。
障害を降りてからの脚で勝負できるので、もう少し後方でも良いかなと思いましたが、丁度良かったです。
この馬は、我慢できないと障害に飛びつくように上ってしまい、そこで止まると膝を折ってしまいます。今日は島津騎手が上手く騎乗してくれました。
安心して障害を見ていられるように、今後も稽古をつけたいと思います。これからも牡馬に負けないレースができるよう頑張ります。

【島津新騎手のコメント】
障害をしっかりクリアさせる、この一点に集中して騎乗しました。降りてからはこれくらい走れるだろうと計算ができる馬なので、あとは信じて騎乗しました。
今日曳いた550㎏より軽い重量で牝馬限定戦に出走した時に失敗した経験を活かすことができました。ゴール手前では馬も苦しかったと思いますが、なんとか頑張ってもってくれました。
自分自身、今季重賞6勝目です。チャンスある馬に騎乗させてくれた馬主さんや調教師のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも面白いレースや炸裂したレースが続きます。応援宜しくお願いいたします。


このページをシェア

↑ページ先頭へ