Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第32回はまなす賞」(BG3)の結果

674

「第32回はまなす賞」(BG3)の結果

8月30日(日)「第32回はまなす賞」(BG3)の結果
~3歳馬ゴールドハンター号が大接戦を制し、重賞初優勝~




左:ゴールドハンター号  右:メムロボブサップ号



ばんえい十勝で2020年8月30日(日)に行われた「第32回はまなす賞」(3歳・4歳オープン・BG3)は、3歳馬ゴールドハンター号が重賞2回目の挑戦で初優勝を果たしました。
ばんえい重量640㎏~710㎏で行われた本レース。昨日から降り続いた雨の影響で馬場水分2.1%の中、全馬スタートから勢いよく飛び出すと、道中半ばまで刻むことなく進みます。前半はゴールドハンター号を筆頭に内枠5頭が先頭を走り、道中後半からはアオノブラック号、メムロボブサップ号のトップハンデの4歳馬2頭が先頭に立ちます。
第二障害を始めに仕掛けたのはアオノブラック号。続いてメムロボブサップ号が追いかけます。4歳馬2頭が先にクリアすると、やや間をあけて仕掛けたゴールドハンター号が障害を下ります。先頭2頭も脚色を鈍らせることなくゴールを目指しますが、ゴールドハンター号が豪快に差を縮めていき、ゴール手前20ⅿ付近で先頭を捕えます。しかしメムロボブサップ号も歩みを緩めず再び盛り返し、そのまま2頭ゆずらずゴールになだれ込みます。勝タイムは1分31秒8の同タイムでしたが、写真判定の結果、ゴールドハンター号がわずかな差で大接戦を制しました。2着はメムロボブサップ号、3着はアオノブラック号が入りました。
ゴールドハンター号を管理する金田勇調教師は「はまなす賞」を2度目の優勝、騎乗した島津新騎手は初優勝となりました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f08%2f30&k_raceNo=10&k_babaCode=3
レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20200830&race=10&track=obihiro

<ゴールドハンター号のプロフィール> ※2020年8月30日現在
生年月日・毛色 :2017年5月3日(牡3歳・栗毛)
血統 :父 ケンジュオー 母 オーシャンローズ (母父)ホクリュウイチ
生産者:山口和子 氏
馬主 :高橋健二 氏
厩舎 :金田勇 厩舎
通算成績 :27戦13勝(うち重賞1勝)



【金田勇調教師のコメント】
優勝できてとても驚きました。騎手に感謝しています。レースはゲートからの走り出しが抜群に良く、最高の走りが出来ました。
スピードが持ち味の馬なので、雨が降って馬場が軽かったことも勝因の一つだと思います。
この馬は若い頃はやんちゃで苦労させられたのですが、今年に入ってから落ち着いて力を出せるようになってきました。今後は同世代のコマサンダイヤと競い合って、3歳重賞を狙っていきたいです。


【島津新騎手のコメント】
今日のレースは、馬が最後まで本当に走り切ってくれました。ゴール際の接戦では、「たぶん勝ったかな」くらいの感覚でした。雨が降った軽い馬場と、ハンデをもらっていたのが勝因です。道中は、相当速い展開になると考えていたので、前を射程圏内に入れながらの位置取りで進めました。そして第二障害では「いける!」と思って追いかけました。
自分自身は今期で重賞5勝です。出来すぎのように感じますが、これで名前も覚えてもらえたかなと思います。これからも活躍できるよう頑張りますので、ばんえい競馬ともども宜しくお願いします。




このページをシェア

↑ページ先頭へ