Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第32回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果

1603

「第32回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果

8月16日(日)「柳月杯 第32回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果
~ミノルシャープ号が、重賞3連勝で夏の大一番を制す!~






ばんえい十勝で2020年8月16日(日)に行われた「柳月杯 第32回ばんえいグランプリ」(3歳以上ファン投票選抜・BG2)は、ミノルシャープ号が後続馬を寄せ付けない力強い走りで優勝しました。
馬場水分1.7%、ばんえい重量780㎏から800㎏で行われた本レース。全馬一斉にスタートを切ると、センゴクエース号が第一障害から膝をつくなど、ややばらける幕開けとなりました。序盤はメジロゴーリキ号が前を走り、他の馬たちは遅れて横並びでついて行きます。全頭細かく刻みながら進み、第二障害へ最初に到着したのはコウシュハウンカイ号。
その後は先行馬から後続馬までばらけて障害下に到着し、中でもじっくりと息を整えたミノルシャープ号とコウシュハウンカイ号がほぼ同時に仕掛けます。一番手でクリアしたのはミノルシャープ号。それをすぐさまコウシュハウンカイ号が追いかけます。メジロゴーリキ号、キタノユウジロウ号らも続きますが、前を走るミノルシャープ号は力強い走りを見せ、そのままの勢いを保ちゴール。「北斗賞」「旭川記念」に続き、今季重賞3連勝で夏の大一番を制覇しました。
2着は昨年の優勝馬コウシュハウンカイ号が、3着にはメジロゴーリキ号が入りました。
ミノルシャープ号を管理する大友栄人調教師は「ばんえいグランプリ」を10年振り5度目の優勝、騎乗した島津新騎手は初優勝となりました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f08%2f16&k_raceNo=10&k_babaCode=3
レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20200816&race=10&track=obihiro


<ミノルシャープ号のプロフィール> ※2020年8月16日現在
生年月日・毛色 :2014年4月11日(牡6歳・鹿毛)
血統 :父 キングシャープ  母 神鶴二十一 (母父)ツルマキシンザン
生産者 :髙山範久 氏
馬主 :髙山稔 氏
厩舎 :大友栄人 厩舎
通算成績 :104戦26勝(うち重賞5勝)


【大友栄人調教師のコメント】
嬉しいです。よく頑張って走ってくれたと思います。暑い日が続きましたが、早朝はそれほど暑くなかったので馬の調整は上手くいっていました。
自信はそれほどありませんでしたが、不安要素だった大外枠でも上手く走ってくれて、馬の成長を感じることができました。今後はハンデも厳しくなりますが大事に使って、3月の「ばんえい記念」を目指したいです。

【島津新騎手のコメント】
馬が強い。この一言に尽きます。今季重賞3つ目となり、障害を降りてからの踏ん張りと伸びの手応えが良く成長を感じます。道中は隣のコウシュハウンカイを気にして騎乗していました。ただ、ゴールまでのキレは負けないと思っていたので、並んで走っていても大丈夫と考えていました。障害では馬が行きたい気持ちに合わせて仕掛けました。ゴール前20ⅿ付近でバテかけましたが、そこで止まらなかったのが成長の証だと思います。
今は成長段階です。このまま調子をキープできれば十分です。ミノルシャープは王者になる風格があるので、これからも応援してください。


このページをシェア

↑ページ先頭へ