Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

DATA BASE

ドリームエイジカップ

  1. ホーム
  2. 重賞レース
  3. ドリームエイジカップ

重賞レース

ドリームエイジカップ

第8回 BG3

ドリームエイジカップ

世代を超えた夢舞台

1126日(日)

第10R 19:05 帯広競馬場
4歳以上馬齢選抜

photo 前年度優勝馬キサラキク号

レース詳細

  • レースの歴史
  • 昨年の結果
  • レース予想
  • 出走予定馬
  • ロードマップ

レースの歴史

未来を担うスターホースの夢の競演!

ばんえい競馬では過去「オールスターカップ」という世代対抗戦が行われていましたが、2004年を最後に廃止されました。
この「ドリームエイジカップ」は、より魅力あるレースを展開するため世代を超えた重賞競走として新設され、今年で8回目を迎えます。

2011年までは、3歳・4歳・5歳・6歳・7歳以上の各通算賞金上位2頭を選抜する編成、第3回は4歳から11歳までの各馬齢別通算賞金上位1頭及び選抜された馬以外の通算賞金上位2頭を加えた編成でしたが、第4回からは4歳・5歳・6歳・7歳・8歳以上の通算収得賞金上位各2頭で編成になり真のドリームエイジを決める戦いになりました。

「ドリームエイジカップ」の名称は、全員参加型のコンセプトのもと一般公募によって名付けられ、この世代対抗戦の中からばんえい競馬の未来を担うスターホースが出てきて欲しい、ばんえい競馬の未来を託したい」というファンの思いが込められています。

【歴代優勝馬】

回数 施行年 馬名 ばんえい重量 性齢 騎手
1 2010 ナリタボブサップ 790 牡8 鈴木 恵介
2 2011 カネサブラック 770 牡9 松田 道明
3 2012 テンマデトドケ 760 牡5 長澤 幸太
4 2013 トレジャーハンター 760 牡6 浅田 達矢
5 2014 インフィニティー 760 牡8 尾ヶ瀬 馨
6 2015 オレノココロ 770 牡5 鈴木 恵介
7 2016 キサラキク 740 牝5 阿部 武臣

昨年の結果

キサラキクがスピードを見せつける!

 11月27日(日)は重賞・ドリームエイジカップ(4歳以上馬齢選抜)が行われ、単勝6番人気、5歳牝馬のキサラキクが優勝。今年の天馬賞以来となる重賞4勝目を挙げました。
 4歳、5歳、6歳、7歳、8歳以上の各世代で収得賞金上位2頭が選抜されるこの一戦。重量差もありましたが、それでも近況が充実しているフジダイビクトリーが貫禄の1番人気。若武者センゴクエースがこれに続き、重量面で恵まれた印象のニシキエーカンが3番人気。ただ、そのほかも地力のある馬がそろっており、オッズからも一筋縄ではいきそうにない戦前予想となりました。
 雪の影響でこの日は2.7%の馬場水分で始まり、メインレースを迎えるころも2.4%。全体的に軽い馬場のなか、スタートが切られました。キサラキクが引っ張るも、その他は横一線で追走。中間点を過ぎてからホクショウユウキが少し先頭をうかがいますが、各馬離れず追走し、第2障害を迎えました。
 ひと呼吸入れてホクショウユウキが仕掛けると、呼応するようにキサラキクとカイシンゲキ、さらにコウシュハウンカイも動きます。他馬も登坂態勢に入りましたが、内枠の3頭、キサラキク、カイシンゲキ、コウシュハウンカイが一足先に突破。ホクショウユウキがこれに続き、さらにニシキエーカン、フジダイビクトリーもクリアして最後の平坦路に入りました。
 先頭を行くのはキサラキク。激しく尾っぽを振りながらも、しっかりとした末脚を見せます。コウシュハウンカイとカイシンゲキも懸命にこれに食い下がり、ニシキエーカンも猛追。しかし、軽い馬場もあってか、先行する3頭の脚いろは衰えず、結局最後までしのぎきったキサラキクが先頭でゴールを果たしました。わずか1秒2差の2着に、同じく5歳のカイシンゲキ。さらに0秒1差の3着には6歳馬のコウシュハウンカイが入線しました。
 最後までしぶとい粘りを発揮したキサラキクが、4度目の重賞制覇。重量と馬場に恵まれたのもありますが、持ち前の勝負根性は牡馬相手でも魅力十分です。今後もスピード優先の舞台で好勝負が期待できるでしょう。
阿部武臣騎手「今朝の雪で馬場が軽かったので、先行力を生かしながら障害をきっちり越えようと思い、先行策を取りました。第2障害は重量のハンデと馬場の軽さがあったので、気持ちよく越えられました。障害を降りても詰まらずに速く歩いていたので、差されないだろうと思って追いました」

「ばんえい情報局」からの転載

レース結果

レース映像

レース予想

ばんえい情報局

出走予定馬

馬名性齢通算成績今季成績近年の重賞成績
フジダイビクトリー牡9187戦33勝
うち重賞10勝
13戦2勝2017チャンピオンカップ
2016ばんえい記念、岩見沢記念、北見記念
ニュータカラコマ牡9161戦51勝
うち重賞8勝
11戦5勝2017 ばんえいグランプリ、北斗賞
2016 北斗賞
コウシュハウンカイ牡7133戦30勝
うち重賞6勝
12戦3勝2017ばんえい十勝オッズパーク杯、北見記念
2016旭川記念
センゴクエース牡547戦26勝
うち重賞10勝
14戦5勝2017天馬賞、ポプラ賞
2016銀河賞、ポプラ賞、柏林賞
キサラキク牝6115戦20勝
うち重賞4勝
17戦1勝2016 天馬賞、ドリームエイジカップ
サクラリュウ牡7190戦34勝16戦3勝
ハクタイホウ牡681戦26勝11戦7勝
ホクショウディープ牡449戦14勝
うち重賞1勝
13戦0勝
キンメダル牡589戦16勝14戦2勝
フウジンライデン牡446戦9勝
うち重賞2勝
19戦3勝2016イレネー記念

※11月24日現在

ロードマップ

当コンテンツの情報は制作段階の情報に基づき制作されており、出走回避などにより実際のレースに出走しない可能性がございます。
また当コンテンツは特定の馬の応援や推奨を行うものではございません。

↑ページ先頭へ